100万回よんだ本

カテゴリ:エッセイ( 3 )

河合隼雄 対話集「こころの声を聴く」 



臨床心理学者の河合隼雄による、安部公房、白洲正子、山田太一、谷川俊太郎らとの対話集。
畑は違えど、それぞれの分野を極めた人たち同士、高い次元で話が通じている。
お互いに、相手の分野では素人、というスタンスでの会話で心地よい。
河合氏が名聞き役(職業上で培った技術で相手の話をうまく引き出している)というところもあるだろう。

著作をもとに対話をすすめるのだが、たいていその本を読んでみたくなる。
たぶん、ここから派生して何冊か読むと思う。
[PR]
by mari_air | 2006-12-24 00:00 | エッセイ

金井美恵子「遊興一匹 迷い猫あずかってます」



猫好き仲間の保さんが貸してくれた。
金井美恵子さんは「群像」でちらっと読んでいたが、もっとおカタいかたのイメージだったので、この猫っかわいがり加減にはびっくり。
[PR]
by mari_air | 2006-06-14 00:00 | エッセイ

杉浦日向子 「江戸へようこそ」

江戸へようこそ(画像なし)

江戸(後期)の風俗について詳しく書かれている。
(お腰など着物を着ない頃には馴染みのない単語が出てくるので)いま読んでよかったと思う。
[PR]
by mari_air | 2006-06-09 00:00 | エッセイ



読んだ本メモです。100万回は読んでません。大好きな絵本にちなんでつけました。画像をクリックでAmazonの書籍情報に飛びます。
カテゴリ
全体
着物
文学
エッセイ
演劇
絵本
コミック
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧