100万回よんだ本

高橋 咲 「15歳 天井桟敷物語」




作者は、演劇実験室◎天井桟敷の役者だった女性で、劇団時代のことを書いている。

実際に会ったことのあるひとたちが出てくるので、ちょっと複雑な感覚。
登場するご本人によれば「あれはあくまで彼女の視点からみた物語だから」ということらしい。
それでも、天井桟敷を知らない世代のわたしにとっては、寺山さんのいた世界を垣間みることができたようで、たのしくもある。
[PR]
by mari_air | 2006-06-05 00:00 | 演劇
<< 杉浦日向子 「江戸へようこそ」 「宇野千代きもの手帖—お洒落し... >>



読んだ本メモです。100万回は読んでません。大好きな絵本にちなんでつけました。画像をクリックでAmazonの書籍情報に飛びます。
カテゴリ
全体
着物
文学
エッセイ
演劇
絵本
コミック
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧