100万回よんだ本

幸田文 「きもの」 



幸田文さんは初めて読んだのだけれど、とてもよかったので、方々で宣伝。
特に、きものを着る人にはおすすめ。
「物の感じかた」を知る、学ぶことができる本。

詳しくはこもだまり製作日誌(ブログ)にて。
[PR]
by mari_air | 2006-10-08 00:00 | 文学
<< シリーズ・哲学のエッセンス  ... 皆川博子 「花闇」 >>



読んだ本メモです。100万回は読んでません。大好きな絵本にちなんでつけました。画像をクリックでAmazonの書籍情報に飛びます。
カテゴリ
全体
着物
文学
エッセイ
演劇
絵本
コミック
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧